YouTuberまとめ は YouTuber に特化したフリー百科事典です!

YouTuberまとめ

最近追加された項目

  • ヒラ(2017/05/01)
  • 実況スタイル(niconico時代)

    基本的にキヨかフジと2人で、あるいはキヨとフジの3人で実況することが多く、その際はヒラがゲームを操作することがある。
    詰んだと思ったら『ツンデレ』(詰んだ、出れないの略)と叫ぶが、そのほとんどがアイテムやイベントの見逃しである。
    ゲームでセーブをする回数が少ない為か、キヨとフジに精神的な恐怖を与えてしまっている。
    (セーブをせずにゲームオーバーになると、そこまで戻すのが面倒な為)
    『DEATH HOUSE』及び続編の『Death House the Final nightmare』ではアップル戦法が得意。
    というかアップル戦法以外の方法でクリアする方が難しいゲームである、その為見せ場はほとんどない。
    4人実況の『マリオパーティ3』では、損な役回りが多く常にメンバー3人にフルボッコであった。やめたげてよぉ!

    2013年の下半期までは同じく助っ人として参戦したフジとのコンビ実況や、4人実況でしか参加しておらず、ヒラ個人の実況動画は全くといっていいほど無かった。
    その後、ゲーム実況を収録する環境が整ったのもあり、それ以降は個人実況の動画を定期的に投稿するようになった。
    自身の動画でプレイすることの面白さも伝えられるようなゲーム実況を心がけており、ゲームチョイスにも定評がある。
    フジと実況した『新生トイレの花子さん』では、ゲーム実況に慣れたのか、素の状態を出すことが多くなっており、それ以降の実況動画では、自分からボケたり、ゲームの内容に対してツッコんだりすることも増えてきている。
    特に4人実況の『RAYMAN ORiGiNS』では、他のメンバー3人が驚愕するほど、色々な意味で覚醒したヒラを見ることができる。

  • ヒラ(2017/05/01)
  • 人物

    同メンバーであるこーすけが一時離脱中に、フジと同じくこーすけの推薦により、
    キヨとゲーム実況するための助っ人として呼ばれた友人の1人。

    声色が一般の男性よりも高く聞き取りやすい。視聴者からは可愛いとの声が上がっている。
    キヨが「ショタ声とか言われてさ」と言っており、ショタ属性持ちであるとされている。
    初期は積極的に話すことが少なかった為、3人以上での実況では空気になることが多かった。
    滑舌があまり良くなく『相変わらず』を『あいからわず』と言う。
    (「新聞部七つ不思議」「doll」「厄~友情談疑~」「Death House the Final nightmare」より)
    初期は体調を崩す or リアルが忙しい為、実況動画に参加できないことが多かった。
    しかし、近年では公式生放送やイベントなどには積極的に参加しており、個人の実況動画も定期的に投稿している。
    2012年頃までは、ゲーム実況動画の時と生放送の時でのギャップがとても激しかったが、
    現在は動画もニコニコ生放送もそれぞれ慣れたため、その差はほとんどない。
    またTwitterでは、始めた当初は全く呟いてなかったが、2011年の下半期頃から使い方を覚えたのもあり、
    以降はメンバーの中では一番利用している。
    特に、様々なネットゲーム・オンラインゲームに精通しており、それに関することをTwitterにてほぼ毎日呟いている。

  • ヒラ(2017/05/01)
  • 概要

    ヒラとは4人組ゲーム実況グループ「最終兵器俺達」のメンバーの一人である。

  • フジ(2017/05/01)
  • 実況スタイル(niconico時代)

    キヨ曰く結構ビビリで、キヨと実況した『恐怖体感 呪怨』では、そのビビリが視聴者からも好評であった。
    キヨとの2人実況の際、キヨは基本ゲーム進行をしないのでフジがプレイすることが多い。
    また、キヨは主人公の声をあてるのを嫌がるので、主人公の声をあてることが多い。

    ゲーム中の敵キャラに対し、よく「こいつバカなんだよ!」と罵倒したりする。
    フジが操作をした後のコントローラーは、手汗でベタベタになる。
    本人は否定しているが、キヨ曰く操作する時にコントローラーのカチャカチャ音がうるさい。
    こーすけとキヨのゲーム実況動画に後ろにいるフジの声が聞こえたり、登場することがある

    2人実況(『鬼畜王マリオ』『biohazard』『スーパーマリオブラザーズ2』など)で度々行われる冒頭の茶番は、
    主にフジが考えており、取り直しもフジが指揮をとっている。

    しかし、茶番に力を入れるあまり本編でのゲームのプレイが疎かになっていると、キヨに指摘されていた。
    内輪で盛り上がるのが好きで、実況中に他のメンバーから注意を受けることがある。

    初期はツッコミが下手だったが、キヨのボケに振り回されたり、ゲーム実況をしていくにつれて、
    徐々にツッコミのスキルが上がっていき、キヨと実況した『ロックマン10』以降の実況動画では、
    キヨのボケにとっさに反応する、フジのワンフレーズツッコミが多く見られている。
    また、他のメンバーにいじられることを、むしろ「おいしい立ち位置である」と思っている。

    「褒められるとダメな奴」であると公言しており、叩かれて育つタイプ。つまりドMである。
    メンバーの中では絵を描くのが一番上手く、
    キヨと実況した『ヨッシーアイランド』の冒頭では、フジによる紙芝居が描かれている。
    また、ヒラと実況した『DRAW a STICKMAN:EPIC』では、フジの画伯っぷりがさらに発揮されている。
    実況中に恋愛の知識について語ることがある。

  • フジ(2017/05/01)
  • 人物

    同メンバーであるこーすけが一時離脱中に、ヒラと同じくこーすけの推薦により、
    キヨとゲーム実況するための助っ人として呼ばれた友人の1人。

    初登場はニコニコ動画での「いちろ少年忌憚」だが、実はその前に別のゲーム実況で参加している
    (しかし、その実況があまりにひどかったため、その実況動画はお蔵入りとなっている)。

    主に低い声が特徴的。
    ノリはいいが、すぐ調子に乗るためよくスベる。
    失言やスベったりすると、キヨにカットするよう頼むが、カットされずにほとんどそのままにされることが多い。
    ギャル男のような口調で話すことがあり、何を言っているのか分からないことがある。
    声優の若本規夫の声真似が上手く、中でもアナゴさんやセルの声真似が得意。
    他にも、三村マサカズ、森本レオ、渡辺陽一、マスオさんのえぇ~っ!のモノマネが得意。
    動画内でアドリブが利かないことに対して悩んでいる。